パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
INDEX | 感想 | サイトマップ 
公開日:2002-07-15 | ページ表示数:1959回

Az tarsya(同人)

製作:PHAME
発売日:199?
シナリオ:4 グラフィック:5 システム:6 総合:4
長所:戦闘  短所:イベントがほぼない
種類:F(W)
作者のWebサイト(現在入手不可)
アクションRPG?独特の戦闘システムが魅力。キャラクターから光が横に流れキーを押した場所にいた敵にダメージを与える。複数攻撃も可能でなかなか楽しい。しかも転職ができ、職業ごとに特技がある。盗賊なら盗み。僧侶なら復活。のように12種類の職業がある。職業ごとにレベルアップ時の能力値の上がり方も違う。さてストーリーだがモンスター退治の旅に出る直後、勇者によってパーティーから外されてしまった主人公は自分でパーティーを組み勇者を追いかける。と言った感じで途中、色々な仕掛けのあるダンジョンなどをクリヤーしボス敵を倒していく。ただ、その他のイベントは特になく勇者と会うのも数回だけ。物語は面白みに欠けるがオリジナルプログラムゲームだけのことはある戦闘は見もの。(ただ、二つほど謎の場所があったので隠しイベントはあるのかも。)

©PHAME/Az tarsya(持ち出し厳禁)
©PHAME(パメ)/Az tarsya(アズ ターシャ)
analysisページの先頭に戻る
今日:90昨日:166合計:3283025 | rss | Copyright 1998.2.6-2023.廃虚碑文 (Twitter)